身長と肥満の関係

身長と肥満の関係!太っていると背が伸びない理由を解説!

 

中学生は、身長を伸ばすのにとても重要な期間です。
小学生のころから体が大きく身長、体重ともに大きくなってきた人は注意が必要です。

 

なぜなら、横に太ってきた場合には、身長が伸びなくなってしますからです。

 

小学生で体が大きくなってくるのは成長している証拠なのですが、そのままの状態がずっと続くと、身長が伸びなくなります。

 

身長を伸ばすため、運動して消費カロリーを増やしてダイエットする必要が出てきます。

 

身長と肥満の関係!

 

小さなころに太っている子供は、小学生くらいまでなら身長が伸びやすいです。
単純に食べ物を食べる量が多いため、カロリー栄養素ともにたっぷり摂取できるため、身長を伸ばす栄養素がたっぷり摂取できているためです。

 

しかし、そうした子供も、中学生ぐらいで身長が止まってしまう子供が多いです。

 

実は、太っていることにより性ホルモンの働きが強く出てしまうのです。
性ホルモンは、思春期の到来や大人の体に変化する役割を果たします。

 

大人の体に変わっていく過程で、骨を伸ばすカギを握る骨端線が閉じてなくなってしまうのです。
骨が伸びなければ身長が伸びません。

 

特に、小学生中学生は、身長を伸ばすため太ってしまってはいけないのです。

 

太らないために生活習慣は?

 

小学生や中学生が太ってしまうための原因は、「食べ過ぎてしまっているため」、「睡眠不足のため」「運動不足であるため」があるといわれています。

 

睡眠不足であると、日中外で遊ばなくなり、運動不足になるとともに、消費カロリーが少なくなります。
食べるものから得られるカロリーよりも消費カロリーが少なくなるため、太ってしまうという悪循環に陥ってしまい、太ってしまうのです。

 

最近の調査でも、睡眠時間が少ない子供は、肥満の傾向があり、運動するのが苦手な子供になってしまうことが多いことが報告されています。

 

また、睡眠不足であると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量が減ります。メラトニンには思春期を遅らせる作用があるため、メラトニン分泌不足により、思春期が早く到来してしまい、身長の伸びがストップしてしまうのです。

 

そんな理由があり、肥満にならないことが身長を伸ばすために必要であり、肥満にならないためには、「よく寝て」「元気よく外で遊び」「よく食べる」必要があるのです。

 

子供が、食事制限によるダイエットを行うのは、栄養不足になるためやめてください。
その代わりに、外でたくさん遊び消費カロリーを増やすことが必要です。

 

子供の身長を伸ばすには?

 

太ってしまうと、小学生までは身長が伸びても、中学生になってから身長が伸び悩んでしまいます。
小学生の時には、身長も体重もどちらも大きくなってくるので判断が難しいかもしれませんが、子供をシッカリと外で遊ばせるようにすることが大切なことです。
ご飯はこれまでと同じ量をしっかり食べさせてください。
ただし、カロリーの高いお菓子類は減らして、和菓子、フルーツなどの低カロリーのおやつ食べさせるようにしてみてくださいね。

 

小学生なら一日10時間以上、中学生以上でも8から9時間は睡眠時間をたっぷりとって、日中シッカリ体を動かしてダイエットすることで、肥満解消して身長を伸ばす効果が高まります。

 

また、栄養バランスを改善するためにカラダアルファ(α)を取り入れることも身長を伸ばすサポートになってくれます。

 

 

カラダアルファ(α)を購入前に必ず確認すべきこと!